raise the Quality of life
はは恐竜とチビ恐竜3びきの キノミキノママその日暮らし
こども

こどものインフルエンザワクチン、メリットと回数。


 

こんにちは、しばちゃんです。

前回は「こどものインフルエンザ予防接種は必要かどうか?」の話をしましたね。

 

こちらの記事もどうぞ↓

子どものインフルエンザ予防接種って必要?

 

インフルエンザだけではないですが、こどもの予防接種をうけるときはメリットやデメリットをしっかりチェックすることをオススメします。

 

しば

とくに予防接種にはどんなメリットがあるのかな?

 

例えば、同じ年齢・体格のこどもが同じ時期にインフルエンザA型になったとします。

 

〇A君はあまり熱は出ず、抗インフルエンザ薬をのんで元気になりました。

〇B君は高熱が出て抗インフルエンザ薬をのみましたが、熱がなかなかさがらず、ケイレンがおこり、意識がなくなりました。

 

二人の違った点は「インフルエンザのワクチンをうけたかどうか」です。

A君はインフルエンザワクチンをうけていた、ということになります。

 

これは極端な例ですが、

ワクチンを受けるメリットは「病気にかかったとしても、軽くすむ」というところです。

 




 

では、こどものインフルエンザワクチンを打ちにいこう!となったときに、「どんなワクチンなのか?」となりませんか?

 

今日は回数について説明します(^^♪

1歳未満児~13歳未満 2回

13歳以上 1回

 

となります。

ただし、前回の記事に書きましたが1歳児未満でも持病など理由がある場合はワクチンをうつこともできます。

子どものインフルエンザ予防接種って必要?こんにちは、しばちゃんです。 1月も終わりですがまだまだ寒いですね。 寒い冬の代表的な病気に「インフルエンザ」があります。 ...

 

13歳未満の場合、2回接種になりますが、間隔は2~4週間あけてうちます。

この間隔は国のガイドラインで推奨されています。

 

なぜ2回うつのかというと大人にくらべて、こどもは抵抗力が弱いのでより効果を高くするためです。

 

1回でも効果はあるので絶対2回打たなければいけない、というわけではありません。

 

また13歳以上のお子さんでも受験などで、インフルエンザを予防したい方は2回うつことも可能です。もちろん大人でも2回うつことはできますよ。

 

こどもがインフルエンザワクチンをうつかどうかは任意のため、保護者がきめることができますが、ワクチンというのはメリットもたくさんあります。

 

「うってもかかる」ではなく「うったら軽くすむ」という考え方もあるので、こどもにとってどちらが最適なのか考えましょう。

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
しば
3人の子どもをかかえる30代のシンママ看護師。 いつか看護師をやめてやる!!を生きがいに日々パソコンに向かっています。 ブログ運営、子育て、暮らしについて書いてます。