raise the Quality of life
はは恐竜とチビ恐竜3びきの キノミキノママその日暮らし
こども

こどもとスキーに行くなら、まずカセットコンロを買うこと。

 

こんにちは、しばちゃんです。

成人の日に2019年初すべりへいってきました。

子どもが3人もいますので準備はたいへんです。

今はネットに持ち物をアップしてくれているので助かります(^^♪

 

スキーへいく前に

「旅ポラ 初心者必見!スキーに絶対必要なものとは?」

https://www.tabipora.com/article/36/

 

「スキーの持ち物リスト【初心者・子連れ・日帰り・一泊】」

https://sk-imedia.com/skimochimonolist-5613.html

 

簡単にまとめると、

〇必要なもの

スキーウエア、スキー板(金具つき)、スキーブーツ、ストック、ゴーグル、手袋、帽子、お金

最低、これだけあればスキーできますよ。

これだけの荷物、こどもがいる家庭なら車がないと無理だし、大荷物で乗るスペースもありませんね。

そんなときはレンタルがあります!

必要なものが帽子、ゴーグル、手袋、だけになります。ただスキー場によっては帽子などもレンタルできるので身ひとつで行くことも可能です。

 

〇あったら便利なもの

スキーウエアの下にきるトレーナーや防寒着など、厚手のくつした、ネックウォーマー→スキーをする場所は極寒です。滑りはじめたら暖かくなりますが、はじめは着込んだほうが無難です。

リフト券ホルダー→リフトにのる際はスタッフにリフト券の提示、または機械にICカードを読ませます。ウエアにリフト券入れがない方、もしくは見えにくい場所にある場合はいちいち出すのがめんどうなので腕につけるタイプのホルダーが便利です。

ヒッププロテクターや帰りの着がえもTPOに合わせて用意しておくといいでしょう。

 

スキーはお金がかかる!?

先ほど話したようにスキーはレンタルで大体そろえることができるため、割と簡単に始めることができるウィンタースポーツです。

しかし、お金はかかります…

 

レンタル代、ガソリン代、高速代、駐車場代、リフト代、食事代、泊まりの人は宿泊代、帰りに温泉行こうものなら入浴料などなど、一体どれだけのお金がかかるんだ!ってなりますよね( ;∀;)

※ここからは、今後人生で一度しかスキーには行かない!という方は読んでも無駄なのでどうぞ読まないでください。

 

そこでどうにか安くできないか考えてみました(^^)

安くて楽しめるスキーをしたい人!

交通費(ガソリン代や、高速代、駐車場代など)やリフト代などは必要経費です。ここを節約するのは無理があります。ただリフト代はコースによって割安なスキー場や子どもが無料な場所もありますので調べていくのがいいでしょう。

あと節約できるといえば食事代です。

我が家はいつもこれで悩みます。コンビニやスーパーで買っていこうにも行先は極寒のゲレンデ…あったかい物が食べたいな~、となります。

じゃあ、スキー場の店に入ろうものなら家族となると5000円以上はするでしょう。

モチロン子どもたちは家計のことなんか考えてはくれません。

「遊びにきたんだからお店でご飯たべた~い!」などと甘えてきます。

これが一度きりならいいのですが我が家はシーズンで5回ほどいくので毎週スキー+外食となり、すごい勢いでお札が消えていくのです。

こうなれば死活もんだいです。

それで今回考えついたのが「カセットコンロをもっていく」だったのです。

 

アウトドアで節約しよう

アウトドアというと思いつくのは夏のキャンプ。

しば

モチロン冬でもキャンプはできますが、インドアの私たち家族にとって冬にキャンプをするなんて全く思いつきませんでした。

 

今回、駐車場にはカセットコンロを常備した家族づれがたくさん!

車のトランクをあけ、そこでお湯をわかしたり、パンを焼いたりしていました。

それを横目に冷たいおにぎりを食べる私たち…しかも楽しそう…

 

「つぎは絶対カセットコンロ持っていこう!!!」そう心で思いました。

本当の目的とは

カセットコンロはただ単に節約だけが目的ではありません。私には子どもが3人います。

今は3人共なついてくれていますが、近い将来いっしょに遊んでくれなくなるでしょう( ゚Д゚)

少しでも私との思い出をつくってほしい!そう願いがこめられています。

別に豪華な食事でも思い出はできるかもしれません。今の子どもなら豊かに慣れすぎているので寒いところで貧相な食事は嫌かもしれません。

 

だけどそんな寒かった思い出や熱々のカップ麵は子どもにとってすごく貴重な体験になると思いませんか?

 

都会の家族がわざわざ田舎にきて、ドロドロの田んぼに入り、服を汚しながら田植えをする。」私たち田舎ものは嫌々仕方なくやっていることを、お金を払って体験されています。

子どもにとって経験や思い出は一生の宝だと私は思います。

カップルでもいい思い出ができるんではないですか?( *´艸`)

 

だからカセットコンロを買いに行きましょう!

 

ABOUT ME
アバター
しば
3人の子どもをかかえる30代のシンママ看護師。 いつか看護師をやめてやる!!を生きがいに日々パソコンに向かっています。 ブログ運営、子育て、暮らしについて書いてます。