raise the Quality of life
はは恐竜とチビ恐竜3びきの キノミキノママその日暮らし
こども

子どものじんましん、犯人は「溶連菌」⁉

こんにちは、しばちゃんです。

先日子どもがインフルエンザA型になった話をしましたね。

子どもがインフルエンザになった!親がすることは?こんにちは、しばちゃんです。 楽しそうにスキー学校にいってた子どもが発熱で帰ってきました"(-""-)" 高熱でしんどいのと...

 

その間、別の子が「溶連菌感染症」にかかってました”(-“”-)”

 

子どもに多い「溶連菌感染症」

 

「溶連菌感染症」って聞いたことありますか?

よく「溶連菌」と略されてますが、

簡単にいうと「溶連菌による細菌感染症」「のどが腫れて痛くなる病気」です。

 

溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、α溶血とβ溶血を呈する2種類があり、後者でヒトに病原性を有するものは、A群、B群、C群、G群などです。

溶連菌感染症の90%以上がA群によるものです。なので、一般にはA群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)による感染症を溶連菌感染症と呼んでいることになります。

主に“のど”に感染して、咽頭炎や扁桃炎、それに小さく紅い発疹を伴う猩紅熱といった病気を引き起こします。

 

〇溶連菌が起こす感染症〇
・粘膜
咽頭炎、扁桃炎、猩紅熱、中耳炎、副鼻腔炎など
・皮膚・軟部組織
伝染性膿痂疹、蜂窩織炎、丹毒など
・その他
肺炎、菌血症、トキシックショック症候群など

 

症状の代表的なものは、発熱(38〜39℃)“のど”の痛みです。

そして、体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします(イチゴ舌)。

そのほかに頭痛、腹痛、首すじのリンパ節の腫れもみられます。急性期を過ぎますと、発疹のあとには落屑(皮むけ)が認められるようになります。

風邪と違って咳や鼻水が出ないというのもこの病気の特徴です。

 

原因不明の膨隆疹(ぼうりゅうしん)が全身に。

うちの子は急に身体中かゆがりだし、体の広範囲に膨隆疹(ぼうりゅうしん)がみられました。

膨隆疹とは、広範囲にふくれた、もりあがった皮疹のことです。

しかし、熱や風邪症状もなく、ほかの症状もまったくありません。

しかも、夜だけ膨隆疹がでて朝には全てなくなっているのです。もちろん痒みもとまってます。

 

しば

なんか刺激のあるもの食べたっけ?

もしかしてダニアレルギー?

ほこりとか?

学校で草さわったのかなー?

 

と色々かんがえましたが、朝には治まってたので、もう大丈夫だと思ってました。

 

しかし、この不思議な膨隆疹が1週間つづきました…”(-“”-)”

 

熱もなく、とくに体調の悪くないのに夜になると膨隆疹がでる。

「食物アレルギーは元々ないし、花粉症も出てない。外で草もさわってないらしいし、何が原因なんやろ?」

とまったく分かりません。部屋や、布団に掃除機をかけ、空気清浄機をしてみても効果なし。

食べ物もとくに変わったものも食べてません。ペットもいないし、洗濯物も寒いので室内干しにしています。

 

そんな時に上の子が高熱をだしたので一緒に受診しました。その時は何かしらの刺激を皮膚にうけて出た「じんましん」と診断され、抗アレルギー薬を3日分処方されました。

薬をのむと、その日の夜から膨隆疹はおさまりました、かゆみも出ません。

薬を3日間のみきった次の日の夜も、じんましんは出ませんでした。

 

しば

良かった!もうこれで大丈夫(^^♪

 

 

だけど、その次の日…

 

子:「ねえ、体がかゆいよ~」

私:「え??また?」

 

↑またあの膨隆疹がでてきたのです!!!!!!!!!

 

今度は前回よりもひどい膨隆疹であせりました。

 

とりあえず、呼吸は大丈夫か?他に症状はないか?そればかり考えてました。

もしアナフィラキシー反応なら重篤な状態になることもありえるからです。

私の不安は外れ、また朝にはすべておさまっていました。

本当によかったです。

犯人は「溶連菌感染症」

次の日、受診しました。

しば

検査の結果、「溶連菌感染症」と診断されました。

 

溶連菌に感染しているかは、のどの奥の粘膜をこすり検査します。

5~10分ほどの検査です。

 

長い綿棒でのどの奥をこするので乳幼児は泣いたり、あばれたりするかもしれないので

お母さんたちはしっかり子どもさんを抱っこしてあげてくださいね。

 

「溶連菌」には潜伏期間があり、実際に感染してからだいたい2〜5日で症状がでるといわれています。

膨隆疹が出てから11日間、「溶連菌」に感染したときの特徴である”のどの痛み”はなく、まさかまさかの病名でした”(-“”-)”

 

「溶連菌感染症」の治療

「溶連菌」は細菌のため抗生物質(抗菌薬)が処方されます。

飲む期間は5~10日間と長期間ですが、かならず飲み切ることが大事です。

乳幼児が1日3回、5~10日間抗生物質を飲み続けるのは容易ではないですね。

しかし、これをしっかり飲まないと心臓弁膜に障害などを起こすリウマチ熱や、急性糸球体腎炎といった合併症を引き起こすおそれがあります。

合併症についてはまた別の記事でかこうとおもいます。

 

おかしいと思ったらすぐ受診を

 

11日間の間、息子は乳幼児の兄弟がいる同級生とあそんだり、スーパーに買い物に行ったりと生活していました。

 

マスクはもちろんしていましたが、周囲に感染するリスクが高く、また乳幼児に感染すると食事や水分がとれなくなったり、熱のある間は保育園に登園できないので、はやく受診して治療するべきでした。

 

今はネット等で、症状や病名がすぐ調べられるので自分や子どもの症状にちかいものがあると、安心したり、時に不安になったりもします。

自分で調べることは安易な受診を控えることでとても良いとはおもいますが、今回のケースもありますので症状が続くようなら、早期の受診をおすすめします。

周囲へ感染を拡大させないためにも親が気をつけていきたいものですね。

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
しば
3人の子どもをかかえる30代のシンママ看護師。 いつか看護師をやめてやる!!を生きがいに日々パソコンに向かっています。 ブログ運営、子育て、暮らしについて書いてます。